「目眩(めまい)」
〜 病床夜想曲 〜
作曲・編曲:igarin



春の嵐 草の香り 流れる雲 風のざわめき
こなぐすり 耳鳴り デジャ・ヴ 振り子時計
車のノイズ 胸さわぎ 浅い眠り 予感 熱いミルク
ため息 テレビのニュース おかゆ 缶詰め
天井のしみ 鳴らない電話 しおれた花 先月のカレンダー
ピアノ 書けなかった日記 落としたスプーン
遅い夕暮れ 遠雷 降り出した雨 吠える犬
湿ったまくら 訪れる闇 沈黙
………そして、めまい。


 ちえぶ殿に書いた「春。それぞれの」に続き、ひとさまに宛てて書いた曲の第二弾。
 この曲は、Benny殿へ贈らせて頂いたものである。

 最初はわりと楽な気持ちで作っていた曲だったのだが、完成を迎える頃にはいつの間にか、私の幼児体験にどっぷりと浸かった情念の固まりとなってしまった。
 この作品に関しては、テクニックがどうとか理論的にどうこうであるとか、野暮な事は一切書かない。約二分という短い時間に込めた私の気持ちを、どうか静かに受け止めて頂きたい。


← 曲目一覧に戻る  |  研究所入り口へ →