「年暮る」
作曲・編曲:igarin



 これまた東山先生の作品に影響を受けて創ったものである。
 しんしんと雪は降り、もう今年も残りわずかとなった事を知らせる。どこか寂しげな師走の街。うつむいて歩く人々。それぞれの思いを胸に年は暮れ、また新たなる年が明ける。そんな年末独特の空気を頭に描きながら書いた曲。


← 曲目一覧に戻る  |  研究所入り口へ →