「金と流行と男と女」 〜 かねとはやりとをとことをんな 〜 2020/08/14 Hiroshi Ikarashi


【女性ファッション誌の見出し】
「みーんな、○○してる!」 みんなって、誰?
「もう迷わない! @@な##着回し術」 迷わせないで
「マストアイテム」 とかいう、わけのわからないもの
「おしゃれな人は、もう使ってる!」 そういうあなたは?
「今年の$$は、赤/青/黒/白が%%%%!」 一年以上前に決めたでしょ
「aaなbbには、ccをddしてみて。」 ←提案
「eeなら、ffをggするのもアイデア。」 ←考えろ  …どっちだよ!?

【陳腐】
 ¥95550  ¥26250  ¥129150  ¥51450 ←カンマなし
 ¥95,550 ¥26,250 ¥129,150 ¥51,450 ←カンマあり

【弱みにつけ込む】
 女性ファッション誌で5月号あたりに組まれる
「夏までに、絶対痩せる!」特集
 ※理由 スタートが2月・3月では、頑張れば痩せられてしまう
   ↓
「間に合わない!」「こんなはずじゃ!」
   ↓
 雑誌の後ろに詰め込まれたダイエット通販
   ↓
 最終手段:美容整形の広告夏のボーナス

【ものは言いよう】
 48時間で痩せるドリンク
痩せなかったら代金はお返しします」→ 疑問「1グラムでも痩せたら?」

【幻想】
 なぜかウェストが59cmを越えない、女性アイドルたち
   ↓
 まぼろし〜〜〜!!

流行

 誰が流行を作るのか
 誰が「スイーツ(笑)」を流行らせたのか
 誰が「勝ち組/負け組」を流行らせたのか

「電通」= 扇風機付き風見鶏。
 風見鶏が、扇風機ごと360度自在に回転。
 ヒットさせたい物、人、本、出来事などに方角を合わせる。
 風量は、最大にセット。
 そして、スイッチ・オン。
「今、時代の風は、間違いなくこちらから吹いている」ねつ造

 つーか、でっち上げ。
 カモは、後から勝手に付いてくる。※ → 流される人々

※ ちなみに、
「自民党のポスターは、電通が作っています」(実話)

 いつの間にか普及している「コラボレーション」
「コラボ」という略称

 造語
 造語 + 造語 = 原形を留めない

 長いネーミングを、わざと略す

※ 先ず、略された状態の語呂を考える → 語呂 → 韻を踏む → RAPの流行
※ 理由と意味は後付け/後出しジャンケン
※ ラテ欄との重要な関係

  読めるけど書けないアーティスト名
    ※ 悪例 → 全盛期のラルクとかディルなんちゃらとか
    〜 書けない/書き間違えると、信者にシバかれるか、半殺し 〜

「ネーミングですか?
 本当は……なんですが、皆さんがそれぞれ感じたように……てもらえれば。
 特に気にしてないんです。ええ」

「へぇ〜〜〜」

 知らない =「遅れてる」
「知らないのぉ〜?」
 存在を知っていると浸れる優越感
「正式名称」を知っていると浸れる優越感

「あらゆる書き込み」=「自己主張」=「優越感の公使」

 ※ 検索 →「ズンドコベロンチョ
 ※ 関連 →「主体性」


【ファッション誌ポエム】
 マニッシュ×フェミニンで、
 スイーツな週末をチャーミングに演出。
 ワードローブからお気に入りのスイーツを
 チョイスしたら、スイーツ空間に早変わり。
 スイーツな夢が見れそう。
 自分らしさ¥680/駅前書店

 知識は儲かる
 まめ知識は気軽に儲かる
「へぇ〜〜〜」
「へぇ〜〜〜」
「へぇ〜〜〜」
 一時期のフ○テレビ →「カルトQ」「トリビアの泉」

「知りたい」という欲求

 男は知識のコレクターである
 ポケモン/ウルトラマン/鉄道/戦隊ヒーローに共通するもの
 設定/生まれた場所/生年月日/身長/体重/型番
 キャラクター名/人名/魔法/必殺技/駅名/コマンド
 モハ/クモハ/サハ/スハフ/オロネ/カニ → 鉄オタ
 ホイミ/ベホイミ/ベホイム/ベホマ/ベホマラー → ドラクエ

 多ければ多いほど良い
 具体的なら具体的なほど良い
 体系付けられていると、なお良い
 集めたい
 コンプリートしたい
 知識もコンプリートしたい
 雑誌/知識本/アイテム/おまけ/攻略本

【仕掛け人】
 48
 坂
 オタク
 組み分け
 総選挙
 派閥

 変わった言葉を発するだけで、勝手に踊ってくれる人々
 変わった言葉を書き込むだけで、勝手に流行らせてくれる人々

 盲目的に買ってくれる人々
 注ぎ込まれる金銭
 握手すること数秒・ハイそれまでョ

 山中に不法投棄される大量のCD
 日本レコード大賞受賞!
 総売上 5,000万枚を突破!

 秋元康は子門真人を超えたのか


 坊主/左遷/寿退社/暴行事件
 それでもなお、踊っている人々
 それでもなお、盲目的に買ってくれる人々
 注ぎ込まれる金銭

 今のところ、死人は出ていない模様
 仕掛け人の高笑いが聞こえる

【感情と反応】
 驚くと、「えーーーーーーーっ!」と黄色い声を上げる人
「すごーい!」としか言えない人
「感動しました!」としか言えない人
「おいしい〜〜〜〜」としか言えない人
「さっぱりしてる〜〜〜」としか言えない人
「あっさりしてる〜〜〜〜〜」としか言えない人
 動物を見た瞬間「可愛い〜〜〜〜〜」と口にする人
 可哀想だと反射的に「可哀想〜〜〜〜〜〜」と口にする人
「お腹ちゅきまちたか?」「可愛いでちゅねー」と幼児言葉になる人

【価値観と優劣】
「誰それは天才/○○は神」と夢見がちな人
 → 雲の上 → 神格化 → ファンタジー → ある種の信仰心 → 注ぎ込まれる金銭

 解り合えない人 →「その価値(天才/神)が解らない無能な人」→ 要は「馬鹿」
 私 > 解らない馬鹿
 よって私は賢い → 自己正当化
 類(るい)は友を呼ぶ → 解り合える人達 →
 私たちは賢い → 特権意識
 私たち > 解らない人たち

 身近な「解らない人たち」の代表 =「異性」つまり「男」

 [思春期]
「ほんと、男子ってバカ」「単純」「ガキ」「幼稚」「スケベ」「なんにも解ってない」
   ↓
 [時間の経過]
「ほんと、男ってバカ」「単純」「スケベ」「だから男って嫌」「なんにも解ってない」
「私たちって賢い!」「実は凄い!」「女の時代だよね!」
 ※ムダ知識・池田大作の世迷い言「21世紀は、女性の世紀である」……じゃあ男は何?

【開き直り】
 女性ファッション誌で半年に一度組まれる特集
「セックスで、キレイになる。」
 → あ れ ほ ど バ カ だ と 言 う た の に
 → あ れ ほ ど ス ケ べ と 言 う た の に
 → そ れ は そ れ 、 カ レ は カ レ
 → カ レ シ じ ゃ な く て も い っ か な

【日本語って便利】
 「恋愛体質」という、まことに都合のいい造語

 「わたしって、恋愛体質だから……」という自己正当化
 →「結局、尻軽でしょ?」と言うと刺される ※→ ファンタジーの崩壊
 → 定義付けしたのは、男? 女?
 → 広めたのは誰?
 → 儲かるのは誰?
 →「で、セックスでキレイになれたの?」は禁句。

  雑誌社と電通の高笑いが聞こえる


【某保険会社のCMソング】
 輝く瞳は女の証 笑顔と知恵で乗り切るわ
 花の命は結構長い
 きらめく涙は女の証 貴方任せじゃ切ないわ
 花の命は結構長い
 女ですもの 女の保険 私は(保険の名称)!

  → 男尊女卑? 女尊男卑?

 類(るい)は友を呼ぶ

 

……そしてまた金へ。

P.S. 男はバカじゃないんです、愚かなだけなんです。

 顕著な例:ハウス・ジャワカレーのCM。
  食材を切ったり、鍋をかき回している男(反町隆史)と、
  それを遠くから見守っている女(紺野まひる)。夫婦の設定?

 「なーんか手伝おうかぁー?」
 「いいから、いいから。」
 「なんか、手伝おっか?」
 「うん、大丈夫。」

 一見、「私つくる人、僕たべる人」の逆にも思えるが、大間違い。

 このカレーを作っている男は、
「後片付け(鍋や食器を洗って乾かして収納する事など全て)を
 微塵も考えていないと思われる」。

 たまの休日、「今日は、俺が作るよ」=「男の料理」
 それが美味しいのは、材料費を全く考慮に入れていないから。
 カレー屋さんより高くつく、男のカレー。

 以上、夏休みの自由研究でした。バイナラ。


  研究所入り口に戻る わたしの道徳一覧に戻る ▲