「TRICK - 日本語まるっとタネ明かし」
〜 40万円の掃除機・灰色セールスマンの手口 〜

2016/07/04 Hiroshi Ikarashi


【「エアコン掃除、今なら1,000円」のワナ 】

 ある日、「エアコン掃除、今なら1,000円で」という電話がかかってきました。
 とりあえず頼む事にしました。

 すると、いかにもなセールスマンがやって来て、エアコンの掃除を始めました。

 ところが、エアコンの掃除はそこそこに、いきなり超強力で高性能な
 掃除機のセールスを始めました。

【 空気清浄機能つき掃除機、40万円 】

「水フィルターは当社だけです」(嘘:ヨーロッパにある。せいぜい15〜17万円)
 恐ろしく大きなダニの写真に、倍率は書いていない(恐怖を煽る)
「布団の中のダニを、黒い布に集めます」(具体的な作業)
「ほーら」「きゃぁ〜〜〜」(煽る)
 疑問:何千立方センチ → 直径10センチの布(物理的な思考)
 追究する →
 「だって…、この上で寝るの、気持ち悪いでしょう?」(感情論)

 何故かタバコ臭いセールスマン
 追究する →
「いや、タバコの臭いはダメなんです」
 (タバコの煙も粒子 → 自慢の水フィルターは?)
「アロマのオイルを垂らすと、部屋一杯に」(あれ?)
「パンフレットは、申し訳ないんですが」(置いていかない)
「ネットで変な事とか書いてありますけど、全部噂ですから」(へぇ〜)
「今なら、サービス料・メンテナンス・・・」(旦那が帰る前に!即決!)

【 ここからが本筋 】

 買わない、と断る →
「わかりました。じゃあ…、申し訳ないんですが、枕も一緒にやらせてもらって
 いいですか? 500円です。エアコンが1,000円ですから、併せて、1,500円。
(この時点での内訳:エアコンは1,000円。
 布団は、中のホコリを確認するための実例として無料。→ サービスですよ、の意。
 枕が500円)

「それと、申し訳ないんですが、うちの会社の方から、サービスが終わったかどうかの
 確認の電話が来る事になってるんですよ。それが、17:50ぐらいなんですよ。
 で、今が17:15なんですけど、ちょっとだけ早く帰らせてもらっていいですか?
 ええ…、ほら…(笑)、セールスマンだと、昼飯とかの時間ないんで…ええ(笑)、
 ちょっとだけメシ喰ったりとか…(笑)、ねえ? わかるでしょ?(笑) アレなんで。
 ですから、電話が来たら、『5分前ぐらいに帰りました』って言ってもらいたいんですよ。
 すみません。申し訳ない!(笑)。では、お世話さまでした〜。失礼します〜」

【 重要なポイント 】

 あなたをグルにしています。
 社会のルール/モラル/建前と、本音の使い分けです。
 心情を察するのは自然な事ですが、これで、
「あなたも、ちょっとだけウソつきましたよね? 同罪ですよね?」という事になります。
「布団の中は完全に綺麗にしてあげたし、色々サービスもしたし。薄情ですね」になります。

 一種の口封じです。

 現実には、確認の電話はかかってきませんでした。
「おかしいな?」と思っても、その会社に電話出来ないのです。
「電話が来る事になっていた」という話も、「実際に何時に出た」という話も、
 あなたはウソの片棒を担いでいるので、聞くに聞けないのです。
 こうやって、不安に陥れます。

 なお、私は男なので、それなりの言葉に置き換えて読んで下さい。
 それから、このセールスマンは、私が「買わない」という意思表示をした後、
「まあ…○○○君も、いずれは結婚するんだろうし…。奥さんも、やっぱり部屋は
 綺麗な方がいいと思いますよ。子供だって…、ねえ。今、アレルギーとか色々あるでしょ」

 と、「君」で呼びました。
 客に向かって、「君」と言うセールスマンを、このとき初めて見ました。

【 Experiment 】

 少しだけ癪に障ったので、こう言いました。
「でも、部屋の空気を循環させて、完全に細かい粉塵まで集めるのであれば、
 ハイパワーな掃除機とサーキュレータで代用出来ませんか?」
「サーキュレータって何ですか?」

「は? 空気清浄機とか、40万円の掃除機を扱ってらっしゃる会社のセールスの方が、
 サーキュレータをご存じないんですか?」

 セールスマンは、サーキュレータが何であるかを訊いてきましたが、
 私は、現実にどのようなものか言いませんでした。
 何故なら、それを教えると、
「あ、ああ〜。アレですか。メーカーとか、業界によって呼び方が違うんですよ。
 知ってます知ってます」と、逃げられるからです。

 以上、実話。
 「エアコンの掃除、今なら1,000円で」という電話

【 持ちつ持たれつ 】

 空気清浄機(家電)業界とタバコ業界の共存
 空気清浄機があれば、安心してタバコが = ?

「やっぱり子供がいると、どうしても…」
「ハウスダストがアレルギーの…」
「マイナスイオン」 とかいう、わけのわからないもの
「地球/環境に優しい」→ 買い物 → 結局は「消費行動」
「電気代の節約」「経済的」 という矛盾 →「タバコ買い」
「今までのフィルターは、取り替えにn万円」→
「これでしたら、年間わずかnn円」
 三日で投げ出すエコロジー

 ※ 複合技・応用編
   何故、高額な布団は売れるのか
   何故、カードを使ってでも即決するのか
   何故、言い訳ではなく旦那を説得するのか

「女は〜〜で物を考える」という言葉

「玉姫様」
「膨らんできちゃった」

     まるっとお見通しだ!(気をつけて下さい、マジで)


← わたしの道徳・一覧に戻る | 研究所入り口に戻る →