○○風


許されるもの、許されないもの

「伊達男」/「女々しい」= ?

「暴力団風の男を目撃」= ○
「医者風の男を目撃」= ×
「ジャニーズ風の男を目撃」= ×
「EXILE TRIBE風の男を目撃」= ×
「48グループ風の女を目撃」= ×
「歌舞伎役者風の男を目撃」= ×
「ホリプロ風の女を目撃」= ×
「韓流スター風の男を目撃」= ×
皇室風の男を目撃」= ×

「ジャガーさん家の旦那さん…そう、木下のび太君みたいな
 いかにも“医者”って感じの男でした。間違いありません」= ×
「しゃべり方と声は“あゆ”そっくりでした」= ×
「髪型は聖子ちゃんカットでした」= ×
「『背が低くて、寝不足な感じで目の下にクマがあって、
  やたらお喋りで、腹黒くて…。そう、ちょうど
  中居君みたいな感じでした!間違いありません!』
  逃げたのは四十代の中居メンバー風な男」= ×

「逃げたのは二十代のイケメン(の男性=※重複)」= ×

「そう、」と言った時、その人は、
 斜め上の空間を見上げているかも知れません。
「ぽん」と、手を叩く感覚だと思います。

 憶測が、確信に変わる瞬間です。
「間違いありません」「間違いないです」

 最後に「はい。」と言うのは、
「はい。」と、自分に対して質問し、確認しています。

 人に正しく物事を伝える時には、充分な注意を。


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →