「ゲーム帝国」
〜 新春特小号 〜


¥ 悪魔のアーロンチェア ¥

●自転車で先頭集団と併走しながら第一中継車のカメラに向かってピースしてこそ、
真の沿道の人々ですか。
○否。小学校高学年から中学にかけての男子が自力で先頭集団に食らいつき、
「わたなべ」等、自分の名をマジックで書いた画用紙をカメラに向かって振ってみるが
家に帰って録画しておいたテープを見ても結局映っておらずに肩を落とし、母親に
「バカだねぇ、そんなもん映るわきゃないでしょ」と怒られてこそ真の沿道マニアとす。

●降り積もった雪の上におしっこをかけ、「かき氷レモン味〜」とはしゃいでこそ、
真の北国の子供ですか。
○否。総統の場合、多少の血が滲む血尿であるからして、いちご味に思えるが
深刻な事態ゆえに今からタクシーで病院直行とす。


* 女神のストラングルホールドβ *

●「え…、こんなに固い物なの…? 私、なんだか怖い…」
 「大丈夫だよ、リラックスして」
 「だって、痛かったりするんでしょ?」
 「最初は痛いかも知れないけど、すぐに慣れるからさ」
  以上、初めてコンタクトレンズ(ハード)を入れる女の子でした。
○ んま! 何かと思えば、コンタクトだったのね。
  ちょっとだけ、いけない事を想像してしまった私も
  初めての時はドキドキだったわ。勿論、コンタクトの事。
  本当に本当よ。本当だってば。

●「あの…。わたし、初めてだから…。優しく教えてね」
 「わかってるよ。じゃあ、ゆっくり入れるね」
 「うん。…あっ! す、すごい…」
 「まだ入れたばかりだよ」
 「でも、ほら…。あぁっ…、中で……溢れてきちゃう」
 「ここで、水をちょっとだけ入れるんだよ」
  以上、そうめんを茹でる二人でした。
○ んま! コンタクトといいそうめんといい、思わせぶりな
  カップルばかりね。ちなみに私は太めのちぢれ緬が好きよ。
  って、“ちぢれ”に興味をひかれたあなた、想像力
  たくましすぎるから、気をつけた方がいいわよ。


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →