「ポケベル」
− 言葉と意思の伝達・その歴史を辿る −


「ポケベルが鳴らなくて」

「黒電話が鳴らなくて」

「交換手に待たされて」

「電報が届かなくて」

「モールスが通じなくて」

「手旗信号が見えなくて」

「伝書鳩が飛ばなくて」

「早馬が現れなくて」

「飛脚が走れなくて」

「太鼓が聞こえなくて」

「ホラ貝が鳴らなくて」

「狼煙が上がらなくて」

「大声が届かなくて」

【結論】

自分の気持ちを相手に確実に伝えるためには、直接会って話すのが一番である。

…とか、ネット越しに語っている私。


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →