「若年層と美しい日本語」
〜 間違ってはいないけど 〜


◎ その1

芸能記者 「@@さんとの熱愛が噂されていますけれども、
      本当のところどうなのか、恐縮ですがお聞かせ願えますでしょうか」
アイドル 「ええ…。@@さんの事は、芸能界の先輩として尊敬していますし、
      一人の男性としても、すごく素敵な方です」
芸能記者 「じゃあ、順調な交際をなさっていると考えてよろしいんですね?」
アイドル 「そうですね…。ねんごろな 間柄です」


◎ その2

司会者 「次は&#%の皆さんでーすよろしくお願いしまーす」
&#% 「よろしくお願いしまーす」「しまーす」「まーす」
司会者 「えー、&#%はアルバムが出るっちゃあ出るっていうか、
     出ないっちゃあ出ないっていうか、どんな感じに?」
&#% 「そうですねぇ〜。何ていうか、今までの私たちのイメージとは
     全然違うっていうか、『えっ!?これが&#%!?』って
     いうぐらい、もう、全然すっごく変わりました」
司会者 「ほぅほぅ。ところで、@$$ちゃんがソロを出すらしいね」
@$$ 「はーい。もう、ほーんと自分でもびっくりしてるんですけど、はーい」
司会者 「でも…これから先、&#%じゃなくて一人でやって行きたいとか
     思ってない?」
@$$ 「えぇー、そんなー。考えられないですよー」
司会者 「ほんとに?」
@$$ 「んー。でも、ちょっとだけ思ってるかなーとか、
     あわよくば 東京ドームで自分一人みたいな」


◎ その3

司会者 「はーい次は&##君でーすよろしくお願いしまーす」
&## 「よろしくお願いします」
司会者 「えー、ライブのDVDが出るっちゃあ出るっていうか、
     出ないっちゃあ出ないっていうか、どんな感じで?」
&## 「えーっと…。やっぱ、レコーディングとかと違って
     実際にライブで、ファンの人達の顔を見ながら
    一緒に楽しめる時が最高なんで、もう僕の全てって感じですね」
司会者 「ほぅほぅ。ところで&##君の……って、後ろ!
     ささめごと!  うるさいよ! もう、毎回こうですからねぇー」


◎ その4

だるい女A 「なーんか今日、暑くない? もう十月っしょ」
だるい女B 「チョー暑」
だるい女C 「あのさー、天気予報でー、午後から雨とか言ってたー」
だるい女A 「マジで? 超サイアクー」
だるい女B 「雨ウザーい」
だるい女D 「だるいしー、傘もってないしー、買ってもパクられるしー」
だるい女A 「てゆーか、今もかなり蒸し暑いんですけどー、
       あまつさえ雨? みたいな」


◎ その5

アイドルA 「今日は本当にみんな、最後までありがとうー!!(歓声)」
アイドルB 「すっごく楽しかったですー!!(歓声)」
アイドルA 「また、みんなに会えるのを楽しみにしてまーす!!(歓声)」
 A・B  「しからば御免!!」


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →