ワナシリーズ 9 「コピー機のワナ」


「コピーを取る時に光る、謎のランプが気になるのですが」
(東京都 新党そとがけ)


デ、デ、デ、デンジャラス!! 秋の気配だご用心!!
コピーを取るには危険がいっぱい! B5にA4、気を付けて!
そうさ僕らにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし。
それでは行ってみよう、あちこちのメーカーさんがしのぎを削るコピー機・複合機、
そんな日本の英知の結集をもう一度見つめ直すべくお送りするワナシリーズ。
今回は「コピー機のワナ」の巻。
社長も社員もみな家族、全社一丸となって、ウ〜〜〜、ワナッ!!!

まずは出したら縮小になっているワナ、
あるいは一気に20部とか出てしまうワナ、
またはカラーコピーモードになっているワナ、
オレの番で紙がなくなるワナ、
トナーも切れるワナ、
余熱でやけに待たされるワナ、
コンビニでコピーしようとしたら一万円札しか財布にないワナ、
前の人の原稿が残っているワナ、
呼び止めたけどその人は店を出ていくワナ、
結局放っておいたけどなんだか後ろめたいワナ、
トラブルが起きてオレの後ろに行列ができてしまうワナ、
レンタルCDの歌詞カードをコピー機に忘れてきてしまうワナ、
しかもそれが恥ずかしいCDだったりするワナ、
縮小すればギリギリB5で収まりそうなので勝負に出てしまうワナ、
しかしあっさり敗れるワナ、
さらに3%引いて再度挑戦するワナ、
勝利の喜びのあまりまたしても原稿を忘れてきてしまうワナ、
紙づまりでわけがわからないワナ、
詰まった紙を全部取り除いたはずなのにエラーが出るワナ、
冬場に原稿を載せようとして強烈なスパークが起こるワナ、
ドラムに傷がついていて謎のラインが入ってしまうワナ、
書類をとじてあるホッチキスがうっとうしいワナ、
大量に印刷してからミスプリに気づくワナ、
トナーが手に付着した事に気づかず頬や鼻の頭をさわってしまうワナ、
周りの人が自分の顔を見て笑っているワナ、
トイレの鏡で確認すると加トちゃんペになっているワナ、
保守契約をしたはいいがトラブルが起きて電話をかけて担当の人が来ると何故かトラブルが起きないワナ、
そして担当の人が帰るといきなりトラブルが起きるワナ、
両面コピーにするために紙をどう入れればよいのかひとしきり悩むワナ、
でも天地が逆だったワナ、
ソート機能がないので果てしなく手作業で分別するワナ、
「これ、追加ね」と頼む方は気楽なワナ、
でも会議まであと5分のワナ、
あと少しのところで指を切ってしまい大事な書類が血まみれのワナ・・・

どうか気をつけてほしい。コピー機にはワナがいっぱいなのだ。

ワナ知識がそれとなく豊富な研究員


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →