ワナシリーズ 6 「一人暮らしのワナ」


「不動産屋さんで物件を探していて『お一人ですか?』と訊かれたので『はい』と答えました。すると『いや、二人だとねぇ…、すぐ三人になっちゃうからねぇ…』と言われました。部屋は見つかりましたが、二人目を見つけるのは難しそうです」
(静岡県 里帰りで遠洋漁業)


デ、デ、デ、デンジャラス!! 花粉が舞ってる、ご用心!!
一人暮らしは危険がいっぱい、アパート・マンション、気をつけて!!
そうさ僕らにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし。それではいってみよう、
この春上京して一人暮らしを始めようかという若年層の心に潜む不埒な
邪念を取っ払うべくお送りするワナシリーズ。今回は“一人暮らしのワナ”の巻。
田舎の両親もご一緒に、ウ〜〜〜、ワナッ!!!

まずは不動産屋で足もとを見られるワナ、
やけに家賃が安いのは自殺とかがあったんじゃないかと心配なワナ、
駅から「徒歩10分」じゃなくて「ダッシュ10分」のワナ、
モダンな名前のわりにアパートの外観がやけに地味なワナ、
ただの木造アパートなのに「スプレンディド西荻窪」とか J2の新しいサッカーチームみたいな名前が付いているワナ、
なので友達に住所を教えると「お前どんな高級マンションに住んでんだ!?」と言われるワナ、
壁のシミがよく見ると人の顔に見えて怖いワナ、
近所の創価学会のおばちゃんがしつこく聖教新聞をすすめてくるワナ、
どうにか断ると今度はおばちゃんが三人まとめてやってくるワナ、
「お茶でも飲みながらお話など」と言われて行ってみると座談会という卑怯なワナ、
俺一人v.s 創価学会員15人という折伏大作戦が始まってしまうワナ、
爺さんから婆さんからおじちゃんからおばちゃんから一方的に論破してくるワナ、
ああ言えばこう言うワナ、
二言目には「池田先生が」なワナ、
三言目にも「池田先生が」なワナ、
間違っても「まだ生きてるんですか!?」とは怖くて聞けないワナ、
このままだと俺は今夜中に帰れない気がしてくるワナ、
ようやく折伏を振り切って逃げ帰ったが末代まで呪われそうで不安なワナ、
翌朝チャイムが鳴ったので出てみると昨日のおばちゃんが笑顔で「大白蓮華」を持っているワナ、
あるいはカタそうなスーツの若い衆三人が「人間革命」を手にしているワナ、
「F」とか「K」とか「Z」とか怪しげな空気がただよってくるワナ、
「F」や「K」や「Z」はまだしも「P」と口にすると危険なワナ、
さらに「東村山」と口にすると命の保証はないワナ、
選挙が近づくとおっちゃんもおばちゃんも公○党の候補に入れてくれとしつこいワナ、
選挙当日は朝から連れ出されてムニャムニャゴニョゴニョさせられる危険なワナ、
いろいろヤバいこと書いちゃった気がするので一度冷静になるワナ、
コンビニが死ぬほど遠いワナ、
家に帰り着いたらカギがないワナ、
日当たりがいいのが売りだったのに近所で高層マンションの建築が始まってしまうワナ、
隣の住人のステレオがめちゃめちゃうるさいワナ、
よく耳をすますと同じ番組を見ていることに気づくワナ、
だから同じところで爆笑するワナ、
ダンス・ダンス・レボリューションをやったら下の階から苦情が来るワナ、
ゴミの分別が面倒なので適当に捨てたら近所のおばちゃんにこっぴどく叱られるワナ、
目覚ましを止めたのは誰だ!…ってオレしかいないワナ、
親に仕送りを頼んだらなぜかお米が大量に送られてくるワナ、
ついでに野菜も山ほど送られてくるワナ、
株とか家とか自分には全然関係ないセールスの電話がひっきりなしにかかってくるワナ、
しかも電話で「ご主人様ですか?」ってオレまだ独身だよのワナ、
日曜日の昼になると同じアパートのどこかの部屋から生ギターとゆずの歌が聞こえてくるワナ、
なんとなく気になるのでテレビを消して歌とギターに聞き入ってしまうワナ、
ゆずが終わったと思ったら山崎まさよしが始まったが難しすぎたらしくギターが止まるワナ、
いろいろと食器を買ったが気がつけばどんぶりとコーヒーカップしか使ってないワナ、
結局洗濯するのはオレかよのワナ、
ポケットにティッシュが入ったまんま洗ってしまいジーンズやシャツがティッシュまみれのワナ、
洗濯物を干して出かけた日に限って激しい夕立ちが降るワナ、
やっぱ洗濯機は全自動にするんだったのワナ、
冷蔵庫も2ドアにするんだったのワナ、
よってアイスクリームの買い置きができないワナ、
「オレの城」が日に日に汚くなっていくワナ、
「城」っていうかほとんど「夢の島」なワナ、
このシーツいつ洗ったっけ?のワナ、
「部屋、汚いけど」と言って友達を呼んだら「ほんとに汚いね」と言われるワナ、
実はその友達が創価学会員で会う度にオレを折伏してくる人間不信なワナ、
さらに別の友達がやって来て「顕正会」に勧誘してくるどんでん返しなワナ・・・

どうか気をつけてほしい。一人暮らしと創価学会と顕正会と信濃町にはワナがいっぱいなのだ。

ワナ知識がとりあえず豊富な研究員


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →