ドラゴンクエストの未来を考える
〜 サブタイトルに見る'90年代ビーイングの兆候 〜


◎ ドラゴンクエスト(初代)
 サブタイトルなし

◎ ドラゴンクエスト II
「悪霊の神々」

◎ ドラゴンクエスト III
「そして伝説へ」

◎ ドラゴンクエスト IV
「導かれし者たち」

◎ ドラゴンクエスト V
「天空の花嫁」

◎ ドラゴンクエスト VI
「幻の大地」

◎ ドラゴンクエスト VII
「エデンの戦士たち」

◎ ドラゴンクエスト VIII
「空と海と大地と呪われし姫君」

 以下、仮説

◎ ドラゴンクエスト IX
「君を守るためだけに僕はこの世界に生まれてきた」

◎ ドラゴンクエスト X
「二人がどれだけ離れていても心はいつも君の側にいる」

◎ ドラゴンクエスト XI
「愛という最強の武器を手にした僕たちには怖い物など何もない」

◎ ドラゴンクエスト XII
「この世界が滅びようとも二人の愛の灯は永遠(とわ)の光を放ち続ける」

◎ ドラゴンクエスト XIII
「誰がために我は戦うのか君とならばその答えがきっと見つけられることだろう」

総括:ネタのためにわがままに僕は独りでこの企画をやり続けてゆく。


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →