日本語で表現するゲーム
サウンドノベル「でんせつのゆうしゃ」
〜 ゆうしゃの本音・選択肢は26 〜

でんせつのゆうしゃは、ゆっくりと家の扉を開けた。
台所と、そのとなりには寝室が見えるが、人の気配はない。
でんせつのゆうしゃは…
A「まずは壺。これ基本」といって、壺を片っ端からのぞいて回った。
B「タンスにも、時々コインがあるんだよね」と、人の家のタンスを物色した。
C「喉かわいたな。ビールでも飲むか」と、まだ未成年なのに冷蔵庫を開けた。
D「まずは二階から調べよう」…この家、平屋ですよ。
E「そうだ、堀井さん!」…何も教えてくれないぞ。
F「城の門番って、西川のりおの "ツッタカ坊や" に似てない?」意外なことに気がついた。
G「広い世界なのに通貨単位が統一されてるのって、ご都合主義だよな」まあまあ、押さえて押さえて。
H「…でんせつだってな、いいことばかりじゃねえんだよ!」旅疲れのせいで、つい本音が。
I「そろそろFAしてFF行くかな」でんせつのゆうしゃは、意味深な言葉を吐いた。
J「そうだ、今のうちに武器屋からあれこれ調達してこよう」でんせつのドロボー誕生。
K「目が疲れた。少し休もう」カジノで目押しをやりすぎたようだ。
L「え!? お金、これしか残ってないの?」相当つぎ込んだらしい。
M「空と海と大地と……って、オレは松山千春じゃねぇ!」酔いが回ってきたようだ。
N「お! 床下からロケットランチャー発見。これで旅も楽になるな」楽にはなるが、何かがおかしい。
O「あれから18年、薄くなったら潔く諦める事も大切だ」長い友達、時には別れも必要。
P「カジノのとなりにピカピカ光る風呂屋があった。後で行ってみよう」値段は高いかも。
Q「“職業:とうぞく”って、犯罪だよな」でんせつのゆうしゃは、昔を振り返った。
R「出家も剃髪もしなけりゃ檀家もいないのに僧侶になれるって、変だよね」たしかに。
S「いい加減どのキャラ見ても、DBZにしか思えなくなってきた…」身も蓋もない事を口にしてしまった。
T「あ〜死んじゃった。これ、バッドエンディング?」バッドもなにも。
U「ここで一度、事件を整理してみよう」どうやらラスボスが犯人らしい。
V「“○○のおどり”とか踊ってる余裕があったら戦えよ!」パーティーに亀裂が。
W「発売予定日にきちんと出るなんておかしい、これにはきっとワナがある!」妙な方向に疑いをかけた。
X「あの時、ビアンカを選んでいれば……」結構引きずるタイプのようだ。
Y「毎回毎回『ファイナル』って、いつになったら完結すんだよ!」納得いかないらしい。
Z「こんな事をしている場合じゃない、寝よう!」有給休暇を守るため、でんせつのゆうしゃは床についた。

← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →