ワナシリーズ 2 「会社のパソコンのワナ」


「僕はMacユーザーなのに、会社のパソコンは全部Windowsで肩身が狭いです」
(神奈川県 これ喰えV・天空の鬼嫁)


デ、デ、デ、デンジャラス!! おっとどっこい、ご用心!
パソコン使うにゃ危険がいっぱい、ワープロ・DB、気を付けて!!
そうさ僕らにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし、それではいってみよう、
窓際族の皆さんにも大変役に立っていると評判のワナシリーズ、
今回は「会社のパソコンのワナ」の巻。さあ、老いも若きも、ウ〜〜〜、ワナッ!!!

まずは今どきMS-DOSなワナ、
ペンティアムどころか286なワナ、
あろうことか9801VMとかが現役なワナ、
Z-80と聞いた瞬間に血が騒ぐワナ、
「♪ヤーッホー・フォートランランラン」などと頭の中で青春時代がよみがえるワナ、
config.sysとautoexec.batを書かされて泣きそうなワナ、
でもいつしかコマンド・プロンプトが快感に変わってゆくワナ、
オンメモリ1.6MBしかないワナ、
himem.sysと聞くと憂鬱になるワナ、
よってフロッピーを取っ替え引っ替えのワナ、
CD-ROMがついてないのでアプリのインストールがフロッピー27枚のワナ、
一太郎じゃなくてjx-WORD太郎なんて化石みたいなアプリが入っているワナ、
“アプリ”じゃなくて“ソフト”と言わないと上司がピンとこないワナ、
「IMじゃなくてFEPだろFEP!」と言っても「FEPって何?」と聞き返されるワナ、
入っているアプリがとっくにサポート対象外なワナ、
あるいはコピー品なのでサポートに電話できないワナ、
パソコンがあるのについつい電卓を使ってしまうワナ、
電卓以前に経理のおばちゃんがソロバンを使っているワナ、
熱転写でプリントアウトした書類の上にお茶を置いたら真っ黒なワナ、
ウトウトして起きたら画面が「nnnnnnnnnnnnnnn」なワナ、
ようやくWindowsを入れたが結局ソリティアとマインスイーパしかしてないワナ、
カーソルが砂時計の時になんとなくマウスをグリグリと動かしてしまうワナ、
苦労して出したタックシールが全部ズレているワナ、
必死の思いで取った情報処理二種がオレの職場の業務上全く役に立たないワナ、
覚えた言語がかたっぱしから時代遅れになっていくワナ、
セキュリティを声高に叫ぶヤツに限ってパスワードがモニタのへりに貼り付けてあるワナ、
“ネットエスケープ・コミュニケータ”とか恥ずかしい思いこみをしているワナ、
「重大なエラーが起きました」と言われてもわけがわからないワナ、
しょうがないからマニュアルを読んでみたけどますますわけがわからなくなるワナ、
古いマニュアルと最新のマニュアルはアテにならないワナ、
帰りぎわにジョブを流して翌日出社すると大変なことになっているワナ、
ログトレースはさっぱり訳が解らないがタコの吸い出しなら任せとけなワナ、
でも会社の同僚に言うとまたしても怪しい過去がバレるワナ、
「ファイル名はユニークなものにして下さい」と言われたのでヒネりにヒネって面白い名前をつけたら怒られるワナ、
「だってこれユニークじゃないですか!」と言えば言うほど社内でユニークな存在になってゆくワナ・・・

どうか気をつけてほしい。会社のパソコンにはワナがいっぱいなのだ。

ワナ知識がなんとなく豊富な研究員


← 日本語の部屋一覧へ  |  研究所入り口に戻る →